+ ハガネピンキー改造日記 +

週末ピンキストがのんびり気ままに版権カスタムやってるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コート

遅くなりましたがもう一つのコートの着色完了しました!

購入当初はパステル系の色か紺色にしようと思っていたのですが、
これからの季節で活躍しそうなスモーキーピンクにしました。

イメージしていた色よりちょっと暗めになったけど、
秋冬ものの素材の重さが出て、良い感じになったので良し!(笑)

さあ、お出かけ写真撮るぞー!
コート



スポンサーサイト

えどのつぶやき 053 (BlogPet)

えどわーどはかぜっぽい停滞したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「えどわーど」が書きました。

コメントお礼v

最近仕事が忙しくて停滞中です。
天気も良いので連れ出したいところですが…

やっぱり狙うのは週末ですね(笑)


コメントありがとうございました。

↓みかぜさんへ

続きを読む ≫

えどのつぶやき 052 (BlogPet)

みのる。が
出来の着色時に使った塗料が余ったので、
5期のブーツをリペイントしてみました。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「えどわーど」が書きました。

タイトルが
「みのる」だってv
か、可愛いぜ。コイツーっv(デコピン)>バカップル?!(爆笑)

えどのつぶやき 051 (BlogPet)

きょうみのる。の、ベルト反省しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「えどわーど」が書きました。

次回予告(笑)

次回のガレキは「コート別Ver.」もしくは「帽子」です。

帽子、帽子ですよv
これもすんごく可愛いのです。
帽子(その1)

何色に塗ろうか悩んじゃいますねー。
帽子(その2)

お約束v

お約束ということで。
赤が似合う兄さんにも着ていただきましょう。

うんうん、可愛い。
やっぱ、赤似合うなーv
兄さんにも


出来ましたーv

ダッフルコート完成v

やぁん、何この可愛さはっ!>親バカ炸裂(笑)
リペしたブーツとセットにしたら、とにかく可愛いぞv
ダッフルコート(その1)

ダッフルコートアップはこんな感じv
ダッフルコート(その2)

ボタンも凝っているのです。>ビーズですね、コレ。凄いや!
ダッフルコート(その3)

とりあえず、ダッフルはここで終了。
次のコートはどうしようかなーと考え中です。

ブーツリペ

ダッフルコートの着色時に使った塗料が余ったので、
5期のブーツをリペイントしてみました。

ブーツの底とブーツのベルトの縁を塗ってみました。
ちょっとしたことだけど、
どこにも売ってないオリジナルの一品ができるのです。
やっぱピンキーって楽しいv
ブーツリペ(その1)

ピンぼけ画像ですみません(反省)
ブーツリペ(その2)

サフ&着色

本日はガレキです。

ガレキもちゃんとサフして、
凹凸がないかを確認しながら作業した方が良いと思います。

が、私の場合、このまま着色に突入(笑)>単に面倒なので
色の乗りと発色を良くするためにベースホワイトを吹いておきます。
赤とか黄色とか明るい色を使うのであれば、吹いていた方が断然良いですよ。

吹いた後はこんな感じ↓になるのですが、
元が白っぽい素材なのでわかりにくいですね。
サフ後

で、乾燥するのを待って着色に入ります。
着色にはMr.カラーを使用します。1瓶100円前後とお買い得。
色も豊富ですし、安価ですのでよく使う色は揃えておくと良いと思います。
気に入った色があれば、それを使っても良いのですが、
私は混色派なので、イメージした色に近くなるように調整します。

まずはダッフルコートの着色。
ガレキ購入当時からダッフルコートの色は赤と決めてました(笑)
赤も色々あるので、適当に混ぜて色を作っていきます。
ちなみに今回使った色は5色。

 1.ホワイト 2.ブラック 3.レッド 4.イエロー 100.マルーン

イメージに近い色(深みのある赤)になりました。

>ちょっとポイント。
混色するときは、使う予定の量より多めに作ると良いです。
このくらいでいいだろうと思って作っても、
塗っている途中で色が足りなくなるってのが結構あるんです。
もともとMr.カラー自体の乾燥が早いので、
塗っている時に筆が塗料に付着したり、塗料皿で乾燥したりしちゃって、
知らず知らずのうちに塗料の量が減ってしまうのです。
混色は自分の好きな色を作れる反面、同じ色を2度作るのは至難の業。
同じように見えても微妙に色が違ってるんですよ。
だから、ケチらずに豪快に作っちゃいましょー。

ええと、本題に戻りましょう。

うすめ液で色をならしながら塗っていきます。
ムラになりやすい色は特に注意が必要ですよー。
塗っては乾燥させるを繰り返し、根気よく塗っていきましょう。
塗り残しがないか、塗りむらがないかの確認もします。
全体のバランスを見ながら、納得いくまで塗ります。
あまり塗りすぎると、塗料の色より濃く暗めになるのでご注意を。

私は筆塗りなので、厚塗りしちゃう癖があります。
よーくみると凹凸部に塗料がもっさり…>良くない見本(苦笑)
筆塗りは苦手…という方はスプレーという手もありますよ。
ただ、スプレーはちょっとお値段はるのが難点ですが…
色塗り

とまあ、こんな感じです。あとは細部の着色ですね。それはまた後日。

えどのつぶやき 050 (BlogPet)

きょうえどわーどはピンも参考されたみたい…
ここへパーツも察しするはずだった。
アルクは察しした。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「えどわーど」が書きました。

コメントお礼v

るりたさんへ。

今晩は。いらっしゃいませーv
ええ、お察しのとおりアルクピンキーの素足です。
素足パーツはアルクにしかないんですよね。

どうしても手に入らないのであれば、
気合いと根性(笑)で既製パーツから削り出すことも可能だと思います。
アルクピンキーのパーツに近いものを作りたいのでしたら
PK009(レイナ)かPK007A(はなリペVer.)の
足パーツあたりが削り出す面積が少なくて良いかなーと。
(足パーツは内向きの足の方ですよ)
実際自分でやったことがないので、参考になりませんが…。

別のポージングのパーツも欲しいなと思っていたところですので、
時間が出来たらプチ改造してみますねー。

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。